Support

自社出願支援

貴社の自社出願を支援します。

費用削減の今、特許事務所に依頼せず、自社で出願することが必要となっています。また、インターネット出願など出願手続き自体も難しいものではなくなりました。
しかし、「商標」はプロの世界です。商標実務教室に示される経験とデータに裏打ちされた商標のプロである当事務所が、貴社の自社出願をさまざまな側面から支援します。

支援の内容

(1)出願前

  1. 1. 調査結果の分析

    貴社がIPDLを利用して検索したデータを分析し、登録可能か否かについてメールでコメントします。製品開発の際のネーミング選定について法的な面からアドバイスします。

  2. 2. 願書作成のご相談

    商標は標準文字にすべきか、ロゴで出願すべきか、着色は?など、出願する商標や、出願するクラス、 指定商品や役務の記載方法など、願書作成全般についてメールでアドバイスします。

  3. 3. 願書(案)の作成

    貴社に代わって願書(案)を作成し、データで納品します。貴社はこれをオンラインで出願するだけです。

(2)出願後

  1. 1. 拒絶理由通知の検討

    拒絶理由通知が来たけど、どうして良いか分からない。そんなとき、意見書や手続補正書、不使用取消審判、 移転等によって拒絶理由を覆すことができるか否か、貴社にメールでアドバイスします。

  2. 2. 意見書や手続補正書、審判請求書、移転登録申請書の骨子案を作成

    意見書などの骨子案を作成し、データで貴社に納品します。

  3. 3. 中途代理

    当事務所が代理人として受任し、意見書や手続補正書を特許庁に提出します。

  4. 4. 拒絶査定からの対応

    1. ア) 審判での登録の可能性についてメールでアドバイスします。
    2. イ) 審判請求書の骨子案を作成し、データで納品します。
    3. ウ) 当事務所が代理人として受任し、審判請求し、審決まで対処します。

(3)登録後

  1. 1. 異議申立や無効審判

    貴社の登録商標に対して、異議申立や無効審判の請求があった場合、対処法についてメールでアドバイスします。 また答弁書の骨子案を作成します。

  2. 2. 不使用取消審判

    貴社登録商標が不使用取消審判を受けた場合、貴社の使用態様で取り消しを免れることができるかどうか、 メールでアドバイスします。また答弁書の骨子案を作成します。

(4)セカンドオピニオン

  1. 商標権侵害の警告を受けたときなど、取引先の特許事務所はこう言っているけど、 他の弁理士の意見も聞いてみたい。そんなとき、セカンドオピニオンをメールまたは口頭で提供します。

Page Top

料 金

お問い合わせに応じて、基本料金をお知らせします。 またご依頼後、お見積りをし、貴社のご了解を頂いた後、作業に取り掛かります。

  ご注意

期限間近等の理由により、ご要望にお応えできない場合もございます。

お気軽にご相談、お問い合わせください。

お問い合わせフォーム

Page Top